金沢バンドフェスタの目的(ご挨拶)
金沢区は海や歴史を背景に、文化・芸術の区としてその独特の意味を持っています。
音楽を通しての区民の活性化を目指し、特に中高年世代の活性化対策として、
第1回(2007年度)、第2回(2008年度)「金沢区主催:オヤジバンドフェスタ」が開催されました。
 好評のうちにオヤジバンドの「地域デビュー」を支援できましたが、その後は出演者などが中心となり自主運営形態での発展的継続が期待されてきました。
 そこで、私達は金沢区の精神を受け継ぎ、区民を中心にした「金沢バンドフェスタ実行委員会」を立ち上げ、オヤジバンドフェスタを新しい形で継続していくことを目指しました。
 幸いにも、第3回(2009年度)は金沢区の後援も戴き、また、地元の子供バンドやフラダンスチームのご協力も戴き共演を企画し幅広い方に楽しんで戴けるようなフェスタにすることが出来ました。その後、より幅広い世代に音楽を親しんでもらえるようにとの気持ちを込めて、フェスタの名称も第3回以降「金沢バンドフェスタ」に変更し、今日に至っております。地域の皆様の暖かいご支援ご協力の基に、実に多くのオヤジバンドの応募と出演を戴く事ができ、更に充実した内容となりました。

               ★    ★

 私達は、「金沢バンドフェスタ」の出演バンドのメンバーですが、初めての舞台に参加できた時の感激が忘れられません。素人バンドで腕前はともかくとして音楽バンドをやって来てよかったなと言うのが率直な感想でした。そんな感動を少なくとも我々と同じ中高年世代の皆で味わえる機会を出来るだけ多く作りたいというのがこの活動の背景です。

 現在は、長寿化が進み定年退職後も十分色々な活動が出来るのが現実ですのできっと、「昔取った杵柄をもう一度」や、新しく楽器を習い音楽活動をしてられる方も多くいらっしゃると思います。是非、この「金沢バンドフェスタ」を一つの目標に日ごろの成果を発表できる機会にしていただきたいと思います。
 私達は、この様なイベントの運営には全く素人です。金沢区の後援を戴き色々な多方面からの支援も今後いただきながら何とか「金沢バンドフェスタ」を継続していきたいと思っております。広く皆様のご支援をお願い致します。

2013年6月
金沢バンドフェスタ実行委員会
委員長 早川 大二

inserted by FC2 system